虫歯などで歯の頭を大きく失った場合、神経の処置をした後は、被せ物の処置(クラウン)が必要になることがあります。ひなたデンタルクリニック川口で取り扱うクラウンには主に以下のような素材があります。

前歯のクラウン

イーマックスクラウン

イーマックスクラウン

冠全体がニケイ酸リチウムと呼ばれるガラスセラミックで出来たクラウンです。

透明感があり自然なツヤの質感があります。

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

白いダイアモンドと呼ばれるジルコニア素材のキャップにセラミックを焼き付けたクラウンです。土台に強度があり、周囲の歯の色や質感にも合わせやすい前歯のクラウンです。

ジルコニアはセラミック包丁や医療用人工関節にも使われる生体親和性の高い素材です。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン

金属のキャップにセラミックを焼き付けたクラウンです。永く歴史のあるクラウンの製作方式で、土台となる歯への適合がよいのが特長です。

経年変化で歯茎との境目が黒く見えてくる場合があります。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートベニアは被せるタイプではなく、前歯の表面に貼りつけるタイプの付け爪状のセラミックです。前歯の形を少し整えたい場合やスキマを埋めたい場合、変色や欠けを目立たなくしたい場合などに用いられます。

奥歯のクラウン

ハイブリッドクラウン

ハイブリッドクラウン

金属のキャップにセラミックとプラスチックの混合素材であるハイブリッドレジンを焼き付けたクラウンです。

セラミック100%のイーマックスやジルコニアに比べると耐久性・耐変色性の点で劣ります。

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

奥歯のジルコニアクラウンには、ジルコニアのキャップにセラミックを焼き付けたタイプと冠全体がジルコニアで作られた強度の高いフルジルコニアクラウンのタイプの2種類があります。

症例により、これらの使い分けを行っています。

イーマックスクラウン

イーマックスクラウン

冠全体がニケイ酸リチウムガラスと呼ばれる次世代のセラミックで出来たクラウンです。

まずまずの耐久性と審美性があります。

ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

金合金で出来たクラウンです。金は柔らかい素材のため、対合する歯(噛み合う歯)に優しく、生体親和性も高く、ピッタリと歯の土台にフィットします。

金アレルギーの心配がある方には不向きです。

メタルクラウン

メタルクラウン

パラジウム素材で出来たいわゆる銀歯のクラウンです。

保険適用ですが、金属アレルギーの心配あな方、金属色の見た目が気になる方には不向きです。

ドクターより一言

銀歯のやり変え

現在の詰め物、被せ物の不調や金属色の見た目が気になるという方もご相談ください。セラミック素材で白くできる場合があります。

ひなたデンタルクリニック川口では、良質なセラミックを被せたあとも出来るだけ長持ちするような治療を目指しております。

お問い合わせ・ご予約

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい 048-222-1188

9:30-13:00 / 14:30-19:30 *水土日午後は14:30-17:00
休診日/祝・祭日

  • ご予約
  • アクセス・地図
  • お問合わせ

〒332-0012 埼玉県川口市本町2-6-11

診療時間

水土日午後は14:30-17:00

電車

JR京浜東北本線「川口駅」東口より徒歩10分
埼玉高速鉄道「川口元郷駅」出入口2より徒歩4分